住宅購入時などには、申込証拠金と手付金の違いからトラブルがよく発生します。
購入申込時に支払う、申込証拠金は原則として契約不成立時には返却されますが、
手付金は申込みをする前提として支払うもので、購入費用に当てられるものです。
ですから、契約が不成立な場合は返却はされませんので、
あらかじめ不動産会社に確認しましょう。

賃貸住宅の退去時によくトラブルになるのが、敷金の精算と原状回復に関するものです。
これは、入居者は退去する時に「原状回復」しなければならない、
という法律の解釈のずれから生まれているものです。
原状回復とは入居時の状態と完全に同じ状態にしなければならないということではありません。
国土交通省のガイドラインによると
「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、
善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧すること」
とし、これは借主の負担になります。そして、通常の使用による自然損耗等(畳の日焼け、生活による汚れ)
の修繕費用は、家主の負担となっています。




Copyright (C)2005 MISAWA HOMES CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED